昔からゲームをやらせてもらえない家庭で育ったので、ゲームのことは本当にわかりませんでした。子供の頃もみんながゲームで盛り上がっていても話についていけず悲しい思いをしたので 自分の子供にはそんな思いをしてほくなく、時間を決めてやらせています。私も一緒にやることが多いのですが、自分が子供の頃に出来なかったためか子供より自分がはまってしまいました。 最近のゲームは昔とぜんぜん違いふーふーしてカセットをさすこともないし(それも少し寂しい気がしますが・・・笑)快適にゲームが出来ています。さらに今では動画サイトでゲームの動画を公開してくれている人がたくさんいるので それを見るのもひとつの楽しみとなっています。正直ゲームなんてと小ばかにしていた私ですが、こんなにも奥が深いなんて思いませんでした。子供と一緒に楽しめるので親子関係も良好です。笑 最近ゲームの動画を見るようになってから自分でもアップしたいと思うようになりました。しかしもともと機会おんちなため、やり方全くわかりません・・みんなどうやってアップしているんだろうと思い調べていたら こんなサイトを見つけました。 dvdコピーソフトの比較

わたしには八か月の子供がいます。 元々子供が大好きだったのですが、赤ちゃんを育てるのは想像していた以上にとても大変で、気持ちに余裕が全くなくなってしまい、最初は息抜きすらうまく出来ませんでした。 わりと多くの人がプチ育児ノイローゼに陥るのですが、それがエスカレートしてしまうと鬱の症状を患ってしまう人も少なくはないようです。 虐待のニュースを見るたび、その酷い症状が最悪のケースとなってしまった結果なのだろうかと思ってしまいます。

ネットの相談掲示板等でよく見かけるのが 「小さな赤ちゃんを連れ歩いている神経がわからない」 「赤ちゃんを連れて長距離旅行に行くなんて!」 という批判の声です。

確かに真夏の炎天下で長時間連れまわしたり、凍えるような寒さの中連れて歩いているのは、小さい子供でなくても負担は大きいので問題かと思われますが その時間が、親のごくたまにの息抜きなのかもしれないと思うと、それは大事な時間なのではないかと思います。 外出や旅行することで気持ちの切り替えをすることが出来るのなら、思い切ってすればいいと思うのです。

親になる以上、その子供に対して責任が生じるのは確かです。 しかし、それによって親の気持ちや自由が完全に奪われてしまっていいというわけではないはずです。 子供のコンディションや様子を見て、大丈夫そうだという判断をきちんとしてあげることが出来ればいいと思うのです。 他人はその子供の性質や機嫌まで見て判断しているわけでもありませんし、それがわかるはずもないです。

時代もかわり、働く女性も増えてきました。それに伴い「従来の子育ての概念」も少しずつ見直していく必要があるはずです。 子育てを終えた世代の人たちほど、少子化だから子供をたくさん作れ!と言うだけではなく 自分が経験した子育ての大変な部分を少しでも改善できるように、我々現代の子育て世代を見守って頂けたらなぁと思います。

世の中全体が一生懸命子育てをしている親たちのケアという視線も併せ持ってくれたら、もっと子育てしやすい環境が出来てくるのではないかと思います。